マッサージもできる整骨院?

整骨院で巻いてもらうテーピング

整骨院でテーピングをしてもらう

怪我した時や、筋肉の炎症などが生じている時には、テーピングを治療に役立てる方法もあります。過度な運動のしすぎは、肉離れや捻挫や打撲などの外傷、
筋肉や神経の炎症などを招きがちです。そのような方は、整骨院に通って、治療をしてもらう事が多いですが、整骨院では、一体どのような治療をしてもらう事ができるのかというのは、まだ整骨院に通った事のない方でしたら、いまいちよく分からないのではないでしょうか?

 

整骨院では、リハビリやマッサージの施術などを通して痛みや違和感を緩和させていくものですが、普段の生活でも、その部分をサポートしていくために、「テーピング」をする事があります。テーピングというのは、皮膚と筋肉の間に隙間を作る事で、筋肉にかかりやすい負担を和らげて、クッションのような役割をしてくれるので、効果があると言われています。

 

キネシオテープを巻いてもらう

整骨院でも巻いてくれるキネシオテープという商品は、サポーターとして用いられるテーピングの代表例で、オンラインからも、個人的に取り寄せる事も可能です。整骨院では、正しい巻き方でテーピングしてくれますので、とても安心です。テーピングというのは、自分で巻くのは案外難しく、つい、自己流に巻いてしまいがちですが、正しくない用法でテーピングしてしまうと、痛みがよりひどくなってしまう事にもなりますので、慣れていない方や心配な方でしたら、整骨院などの専門院で、キネシオテープを巻いてもらうといいのです。

 

治りかけが大事

筋肉の炎症や外傷は、治りかけが一番大切です。治療期間中というのは、勿論運動などは控え、安静にしている時間が長いと思いますが、治り始めてくると、少しずつ運動を始めていく事も可能です。しかし、再発もしやすく、治りかけにまた筋肉を痛めてしまったり、症状が悪化してしまう事は多いのです。